ペットとの快適なやりくり

最近はペット飼育可の家屋なども多く見られるようになりましたが、それとは別にペット共生民家という文言も時どき、仰るようになりました。
ペット共生民家というのは、ただペットといった一緒に住める民家というだけではなく、ペットといった人となりが一緒に快適に住めるための
装具などを工夫した民家のことです。
ペット飼育可の家屋では、住民全身がわんこなどのペットが博士というわけではないので、不愉快気分をしたり、
自制をしたりすることもありますが、ペット共生民家は入居人間全員がペット好きなので、ストレスなく住むことが出来ます。
わんこといった暮らしているって、失敗や脱毛や爪などで、内部が傷んだり臭ったりするので、傷みにくい資材を選んだり、
ケアしやすい環境にすることが大切です。
フロアなども、つやつやしたフロアではわんこの足では滑り易く、負担がかかって脱臼したりするので、滑り辛いバッファフロアーなどに下さい。
またわんこがコンセントや電気記号をかじって感電したりしないようにすることも大事です。
園芸をする場合はわんこがかじったりしてクセを起こす植物などは避けたいですね。
また、いくら近所がペット博士の自身ばかりと言っても、わんこの無用吠え、フンのパスなどはしないように、作法を守って
ペットとの爽やか一生を守っていきたいものです。